ROBERTO COIN uses cookies, also for third parties, to improve your experience on this site and to offer you services and communications tailored to your interests. If you want to learn more or opt out of all or some cookies click here. By continuing the navigation, you consent to the use of cookies.

close
ニュースレターを受け取る
close
img newsletter eng

オンラインショップのご利用、新商品やイベントなど最新情報の配信をご希望の方は、下記の情報をご入力いただきアカウントをご作成ください。

ご登録は、16歳以上の方に限定させていただきます。プライバシーポリシーをお読みいただきご同意の上、ご登録ください。

Credits: CNN Courageous Studios

ルビー

古の伝説を秘めた魔法の刻印

separator

ルビーを象徴的な刻印とするアイディアは古い時代に端を発し、古い貴重な書物のページに秘められていました。ずっと歴史や神話に夢中だったロベルト・コインは、とても特別な3つの話に巡り合いました。

それらは伝説の本質そのものが望むように、現実と創造を混ぜ合わせることができ、彼の将来の基礎となるひとつの選択へと導きました。

ひとつめの伝説は古代エジプト世界とファラオに関するもので、ルビーはお守りの一種とされ、肌に直に触れされることでルビーが永遠に愛と喜び、健康を約束するとされていました。

ふたつめの話が語るのはビルマの戦士についてで、彼らはこの宝石をつねに肌に直接身につければ、戦いでの怪我や死から身を守ってくれると考えていました。

そして、ヒンドゥーに古くから伝わる神話、このみっつめの最後の伝説では、ルビーは願いを叶える神聖な木である、貴重なカルパヴリクシャの実だと考えられています。

ロベルト・コインの目には、ルビーは強く興味を抱かせる意味がつまったシンボルとなり、彼はルビーを自身のクリエイディヴな世界の精神と使命を表すものに決めたのです。

1996年にアッパシオナータ・コレクションを発表し、ロベルトコインのブランドの物語の始まりと、魔法の刻印の物語の始まりを祝いました。

壮大な物語を秘めた小さなルビーが、初めてコレクションのジュエリーの内側に嵌められたのです。

Top